Your local gas generation partner

メニュー

据付時適格性確認&稼働性能適格性確認(IQ/OQ)

Peak ScientificのIQ/OQは、特定の発生装置に合わせて調整されています。

規制アプリケーション用の発生装置のコンプライアンス認定を発行します。

初期設置装置の再配置時に実施されます。

お客様の都合に合わせて、現地のPeak Scientificエンジニアが現場で完了します。


検証と規制に遵守する必要性がますます高まっている状況をPeak Scientificは十分に理解しています。当社事業はカスタマーサービスとサポートを中核としていることから、分析アプリケーションに関して追加の認定による保証を必要とするお客様を対象として、Peak Scientificでは包括的な据付時適格性確認&稼働性能適格性確認の認定システムを開発しました。

T特定のガス発生装置に合わせて調整されているPeak ScientificのIQ/OQ認定は、ラボがコンプライアンスを維持するための費用対効果のある効率的なソリューションです。高度な訓練を受けた当社のサービスエンジニアが設置と稼働検証を実施することに加えて、コンプライアンスの正確な証拠を維持できるように、このプロセスを文書化した完全な認定書を提供します。

IQ(据付時適格性確認)とは?

IQとは、装置、その構成部品、および施設の設置場所を設置前に検証して、詳細を記録するプロセスです。その主な目的は、ガス発生装置が特定の目的に適合しているかどうかを確認し、期待される水準と必要な標準に合うように機能することを証明かつ認定することにあります。

OQ(稼働性能適格性確認)とは?

ガス発生装置の設置が完了した後、担当のサービスエンジニアがOQを実施して、発生装置の仕様に応じて装置が機能することを確認します。サービスエンジニアは、Peak Scientificにより概説されている装置の性能基準を確認し、装置が合意されている指標を満たしていることを確認します。

IQ/OQプロセスの流れ

翻訳不要

OQを実施する時期

Peak Scientificは以下の時期にOQを実施することを推奨しています。

• ガス発生装置の設置時または移動時
• お客様の標準作業手順(SOP)に基づいて定期的に
• 大規模な修理後
• 以前に設置されていたシステムを、規制テスト環境で初めて使用する前

詳細はこちら    
To Top
Close