Your local gas generation partner

メニュー

窒素ガスを購入する前に知っておくべきこととは?

現代の実験室では、様々な研究目的に多くのガスが使用されています。実験室でごく普通に使用されているガスのひとつが窒素です。このブログでは、実験室において窒素が使用される理由、窒素ガス生成装置やシリンダーなどを用いて窒素を入手する方法について解説します。

なぜ実験室では窒素ガスが使用されているのか?

窒素は他の化学物質や成分と反応しにくい不活性ガスです。これはつまり、窒素が液体クロマトグラフィー‐質量分析法(LC-MS)、サンプル蒸発法、蒸発光散乱検出器を含む多くの解析に応用可能であるということを意味します。

それでは、どのような実験室が窒素ガスの購入に適しているのでしょうか?

以下に示す3つの方法のうち、1つでも設置している研究室に窒素を供給することができます。

• 窒素用デュワー
• 窒素用シリンダー
• 窒素生成装置

Gas cylinders and a gas generator

窒素ガスシリンダー、ピークサイエンティフィックの窒素ガス生成器

デュワーはバルクガスの供給用として、主に実験室外で見られる装置です。デュワー含有ガスを実験室へ送り込むため、実験室には高額なパイプインフラを敷設しなければなりません。窒素シリンダーが実験用のガス供給のうえで最も安全かつ便利な方法であるとは言い切れませんが、ガス供給の最も一般的な方法のひとつとして、世界中の実験室では幅広く使用されています。

とはいえ、実験室の責任者の多くは窒素ガス生成装置について把握しており、窒素ガス生成装置が実験室にもたらすメリットについても理解済みです。ガス供給の近代化のために、窒素ガス生成装置を選択しています。

窒素ガス生成装置を導入するメリットとは?

一貫性

窒素ガス生成装置の場合、一定の純度で継続的に供給することができます。その結果、実験室内の器具に正確な結果が反映されやすくなります。窒素ガスシリンダーを使用していて不純物で汚れた場合、シリンダー内の窒素ガスの残り10パーセントを捨てるようシリンダーが指示します。

低コスト

窒素ガスを購入時、ガスシリンダーにかかるコストは単一ではありません。ガス自体への支払いはもちろん、ガスの保存にシリンダーを用いるわけですから、シリンダーをレンタルしなければなりません。よって、シリンダーの供給の対価が発生します。弊社の「ラボ・ガス価格掲示板」が示す通り、ガスにかかるコストは市場の影響を受けており、頻繁的な価格の上昇がほぼ避けられません。それとは対照的に、窒素ガス生成装置には初期費用が付随するものの、その後ガスへの費用を支払う必要はありません。なお、窒素ガス生成装置を頻繁に使用する場合、18ヶ月未満に支払いを済ませておく必要があります。購入費以外にも、予算に組み入れておくべきコストとして窒素ガス生成装置の年間維持費が挙げられます。維持計画に要するコストに関しては通常、数年縛りとなっており、容易に維持費を予算に組み込むことができます。

弊社が扱う窒素ガス生成装置のラインナップとなります。     

安全性

窒素ガス生成装置は安全なガス供給ソリューションです。万が一ガス漏れの際には、安全性が保証されない窒素ガスを貯蔵せず、ガスを需要に応じて生成します。一方、約9000リットルを貯蔵可能な窒素ガスシリンダーが損害やガス漏れに直面した場合、潜在的に窒息のリスクに直結する実験室内の空調環境を迅速に切り替えることができます。

窒素ガス生成装置が取り付けられた時点で、別の場所に移し替えをすることはできません。シリンダー内のガスが切れた時、シリンダーの動作は鈍くなります。これは実験室のスタッフ共々安全性を憂うべき事態ですが、そのたびにシリンダーを追加しながら使用しなければなりません。したがって、ガスシリンダーの移し替えや変更を行う実験室の担当者は、安全に実行するための方法を習得する訓練に従事する必要があります。

利便性

実験室内に設置された窒素ガス生成装置は、ボタンを押すと、必要に応じてガスが生成されます。シリンダー内で起こっていることに関する中間分析に手が回らなくなるほど、ガス供給について心配する必要はありません。さらに、窒素ガスを購入ついでに窒素ガス生成装置を選ぶ際には、ガスシリンダーの再注文や配送といった重要項目にかかわるあらゆる関連タスクを省力化できます。

安全性、利便性、一貫性および低コスト性がゆえに、窒素ガス生成装置は窒素ガスの購入を検討している実験室にぜひおすすめしたい装置です。ピークサイエンティフィックでは、多種多様な窒素ガス生成装置(LC-MS、サンプル蒸発法、ELSD法、MP-AES法等)を取り揃えています。窒素ガス関連のあらゆるソリューションについては、こちらにて閲覧することができます。

以下もご覧ください。

Peak Scientific がこれまでにない新しいガス発生装置を発表

Genius XEシリーズには2年間の完全保証がつきます

研究所内のガスの安全性について

Post a comment

Please enter the code as shown:

コメント

No Comments

To Top
Close