Your local gas generation partner

メニュー

施設におけるガスクロマトグラフィー-水素炎イオン化型検出(GC-FID)のた

天然ガス火力発電は、2011年の東日本大震災による津波で福島第一原発が被災してから日本で拡大している電力市場です。

地域のコミュニティと農業に甚大な損害を受け、日本では多くの企業がこれまでとは異なるエネルギー供給方法に切り替えています。そうした背景から天然ガス火力発電の利用が拡大しており、それに伴いLNG(液化天然ガス)の需要が増大しています。日本はLNG輸入国世界上位3カ国のうち、韓国、中国を抜いてトップに位置しています。

ヨーロッパでは天然ガスをパイプラインで輸出しているのに対し、アジアでは海上での輸送がより一般的です。オーストラリア–アジア間の海でのLNG輸出入はここ数か月で増大し、最初の浮体式液化天然ガス生産設備(FLNG)「プレリュード」が20196月に誕生しました。ガスはオーストラリア西海岸のブラウズ海盆から船で出荷されます。

高品質ガスのためのFLNG設備とガスクロマトグラフィー

天然ガスの主要な構成要素である大量のメタンガスは海から採取されます。海底から発生するメタンガスは、硫化水素や二酸化炭素、水分、炭化水素など他の化学物質と結合した状態で採取されます。これらの化学物質を取り除いた後、メタンは天然ガスとして利用されるのです。

fleet

メタンをその他の不必要な化学物質から分離させる作業は、FLNG施設で行われます。そこで炭化水素を液化して液化天然ガスに変え、凝縮します。ただし、このプロセスの前にガスクロマトグラフィーと水素炎イオン化型検出(GC-FID)でガスの構成物質の正確な測量をする必要があります。GC-FID用いたガス成分の分析は、ガスの精製と液化に必要な準備をするために行われます。また、海中の正確な状況把握にも役立ちます。

FLNG施設におけるガスクロマトグラフィー-水素炎イオン化型検出のための水素発生器

サンプルのガスをGC-FIDを用いて分析するには、高純度の非反応性ガスが必要です。水素ガスは、ガスクロマトグラフィーのカラム内でサンプルガスを移動させるためのキャリアガスとして使われます。また、サンプルを作るためのさまざまな構成要素を検出する水素炎イオン化型検出器のための炎を生成するのにも、水素ガスが使用されます。

GC-FID のための水素ガスを使用する際、ガスボンベによるガス供給か、またはFLNG施設内で水素発生器によりガスを作り出すという選択肢があります。FLNG施設でのガスボンベの使用は、ボンベを使い果たしてしまったら作業の遅延や停止をもたらす可能性があります。また、ボンベには高度に圧縮された水素ガスが入っていることから、安全上の問題を引き起こすこともあります。

しかし、施設内でGC-FID用の水素発生器を使ってガスを生成する場合、ボンベ配達のコストやレンタル料をカットできます。また、装置内部には少量のガスしか保管されないので安全性も高くなります。水素発生器には安全装置が内蔵されており、漏れがあった場合はシャットダウンするようになっています。高純度のガスを安定して年中無休で供給できるという利便性も大きな特徴です。

ガスクロマトグラフィー用の水素発生器をお探しですか?    

GC-FID用にガスボンベを契約するのが最も簡単だと思われるかもしれません。しかし、水素ガスボンベの使用は高くつき、不便でリスクもはらんでいます。特にFLNG施設といった遠隔の場所では、特にボンベの配達は複雑になり、緊急対応は遅れる可能性があります。水素発生器を使えば、年中無休でガスが供給できるので、FLNG施設のアナリストはリラックスして作業を行え、また現場の安全性も高めることができます。

日本とアジアでの水素発生

precision hydrogen

Peak Scientificの水素発生器は日本および他のアジアの国々で購入することができます。ガスボンベでのガス供給から水素発生器への切り替えをご検討中であれば、弊社の発生器Precision Hydrogenは安全で安定したGC-FID用ガス供給のソリューションとしておすすめです。ガスクロマトグラフィー用に特別に設計されたPrecision Hydrogenは、コンパクトで積み上げできるため、省スペースでお使いいただけます。さまざまな流量を設定でき、研究所のニーズに合わせ複数の炎検出器にガスを供給できます。クロマトグラフィー用の炎のサポートガスとしては、炭化水素なしのクリーンで乾いた気体Precision Zero Airを開発しました。Precision Hydrogenと併せて、コンパクトで積み上げ可能な便利なツールとしてお使いいただけます。

参照:

GC Enabling Fairtrade in LNG

Japan Earthquake Tsunami and Fukushima Nuclear Disaster

Post a comment

Please enter the code as shown:

コメント

No Comments

To Top
Close