Your local gas generation partner

メニュー

窒素ガス発生装置の使用法 −圧力変動吸着(PSA)

PSA式窒素ガス発生装置におけるガス分離のプロセスは、吸着剤と呼ばれる固形物で、さまざまな混合ガスの構成要素や分子を分離する機能を用いて行われます。

窒素ガス生成装置の吸着

PSA式窒素ガス発生装置におけるガス分離のプロセスは、吸着剤と呼ばれる固形物で、さまざまな混合ガスの構成要素や分子を分離する機能を用いて行われます。



CMS Nitrogen generation principle

PSA法のプロセスの図

PSA式窒素ガス発生装置

PSA式窒素ガス発生装置で吸着を行い空気から窒素を分離する技術は、深い研究が進められており、多数の工業施設で高純度の窒素を生成するために利用されています。さらに、食品包装から、液体クロマトグラフィー–質量分析法(LC-MS)・ガスクロマトグラフィー(GC)などの研究用途まで、さまざまな業界で使用されています。

こうした科学的用途のためのPSA式窒素ガス発生装置は、二つの吸着筒内の圧力を変えることで吸着剤再生とガス吸着を管理し、高純度の窒素を生成するように設計されています。このプロセスには、周囲の温度と近い温度を保つことが必要になります。


二つの吸着剤それぞれにおける変動吸着のプロセスは、数分のインターバルを挟んで二段階で行われます。吸着の段階では、酸素、水分、二酸化炭素の分子が、吸着剤の細孔のある構造体に放散されます。一方、窒素分子は吸着筒を通り高純度の窒素として機器に運ばれます。

PSA式窒素ガス発生装置の長所

高品質な窒素ガス

窒素ガス発生装置を用いて、周囲の空気から高純度の窒素を生成することができます。窒素ガス発生装置によっては、最大99.9995%の窒素を生み出すことができます。

窒素ガス発生装置の安定性

窒素ガス発生装置は年中無休で休みなく稼働することが可能です。必要な時にいつでも途切れることなくガスを供給します。

柔軟な窒素ガス供給

窒素ガスの供給度合いは多岐にわたり、寸前で変更することもできます。用途に応じたガス流や純度を、手間を最小限に抑えて日ごとに変更できます。

低コストで所有可能

一般的なLC-MSでの利用において、現場での窒素生成は一昔前のガスボンベに比べ、50%以上ものコスト削減となります。窒素ガス発生装置を利用した窒素生成の正味コストは、容器入りの窒素または液体窒素を用いた時よりずっと少なくてすみます。

窒素供給が長期間持続

ガス発生装置は振動や衝撃に強く、脂や水分などで科学的な影響を受けません。ほとんどの場合において毎年の、計画的かつ適切なメンテナンスを行えば、10年以上はゆうに使うことができます。

PSA式窒素ガス発生装置の短所


設備投資

ガス発生装置の購入は、大きな支出となります。しかし、ガスボンベ等で行なっていたガス供給を効率的にできるようになり、12ヶ月未満という短期間で初期投資のもとをとれるでしょう。

ガス流量

純度は流量に直に影響します。高純度、多流量の窒素ガス発生装置はより高価となります。しかし、バルク供給に比べれば、長期間の稼働においてはそれでも低コストですみます。

無料の見積り依頼   

PSA式窒素ガス発生装置は、従来のガスボンベやバルク供給よりも費用対効果の高い窒素ガス供給を分析研究所に導入できます。ガスボンべの注文コストや、それを整理したりボンベ交換をしたりする時間はもう必要なくなるのです。



Post a comment

Please enter the code as shown:

コメント

No Comments

To Top
Close