Your local gas generation partner

Menu

ガスクロマトグラフィーを高速化する方法

システムをアップグレードせずに、

Speed up gas chromatography

ガスクロマトグラフィーを高速化する4つの方法

システムをアップグレードせずに、

GCを高速化する手法を実装することで、ワークフローを効果的に合理化することができます。これには多くの手法があり、これをすべて実装すれば、従来のGC実行時間を最大で10倍まで短縮できることが研究により示されています。しかし、そうすることで分解能に影響が出る可能性があるため、実装前に考慮する必要があります。最適化の方法など、GCのテクニックを見つけるのは結構困難かもしれません。そこで、GCの設定で分析時間を短縮する4つの簡単な方法をご紹介します。これは実装するのに少し時間がかかりますが、速やかにラボにメリットがもたらされます。
Use a shorter column to speed up gas chromatography

より短いカラムの使用

キャピラリーカラムの長さを短くすることで、同じ線速度でキャリアガスを流しても、分析時間を大幅に短縮することができます。オーブンプログラムがより高速になります。つまり、より短い時間で最高温度に達するということです。分離に多少の影響が出る場合があるため、共溶出に注意してください。
Use hydrogen to speed up you gas chromatography

より高速なキャリアガスの使用

水素の粘度はヘリウムの約半分であるため、同じ温度と圧力下でも速度が約2倍となり、著しく速く分離を行うことができます。水素のメリットは、安価なガスソリューションを提供する水素発生装置を使用することで、ラボで安全に生成できる点です。より高い線速度でヘリウムよりも水素のほうが効率が高いため、高い流量でもサンプルが良好に分離します。
Use a smaller diameter capillary to speed up you gas chromatography

より直径が短いキャピラリーの使用

短いカラムの使用と非常によく似た原理で、30m x 0.25mmのキャピラリーを20m x 0.15mmのキャピラリに置き換えて作業すると、実行時間を2倍短縮することができます。同じキャリアガスを使用しても、同じ効率が発揮されるはずです。  
A different temperature program can speed up your gas chromatography results

異なる温度プログラム

オーブンプログラムのレートを速めることで、溶出が速くなり 結果にピークがはるかに密集して表れます。成分の溶出温度がこのプロセス中の異なるピーク分離につながる可能性がありますが、等温分析の分析温度を上げることで、分析時間が短縮されます。 これにより分解能がいくらか失われる可能性がありますが、これは分析の温度を速く上げ過ぎた場合に限ります。

PDF版をダウンロード | JPG版をダウンロード

Post a comment

Please enter the code as shown:

Comments

No Comments

To Top
Close