Your local gas generation partner

メニュー

ゼロエア(zero air)および現場でのガス生成

ゼロエア(zero air)とは、炭化水素濃度が0.1ppm未満となるように濾過された空気のことです。

本質的には酸素と窒素の混合物であるゼロエアは、炭化水素または少量の硫黄や亜酸化窒素の存在により悪影響を受けるラボ用途で必要とされます。こうしたガスは、汚染のために大気中に存在する場合があります。  

Precision Zero Air Generators

Peak Scientificのゼロエア発生装置 

GC(ガスクロマトグラフィー)にはFID(炎イオン化検出器)やFPD(炎光光度検出器)が使用されるため、ゼロエアが必要となります。こうした用途では、ゼロエアは通常、加圧ガスボンベかガス発生装置のいずれかの方法を用いてガスを供給します。ガス発生装置を使用すれば、ボタンを押すだけで必要なガスを供給でき、供給が途切れる心配がないだけでなく、ガスボンベの反復注文の必要性がなくなるため、ガス発生装置はラボのガス供給源としてより現代的で便利かつ経済的なソリューションと言えます。ガス発生装置の場合は、ラボのスタッフが厄介で危険なガスボンベを運搬する必要もありません。Peak ScientificのPrecision Zero Air発生装置はすべて、炭化水素濃度が0.05ppm未満の空気を供給でき、ラボのゼロエア条件を満たす上で最適な装置です。

当社のゼロエア発生装置シリーズをご覧ください    

この記事が有用だと思われるお客様は、ぜひ以下の記事もお読みください。

ガスクロマトグラフィーの秘訣&ヒント

PrecisionによりMentholatumの精油分析にもたらされたメリット

カラムとは?

Post a comment

Please enter the code as shown:

コメント

No Comments

To Top
Close