Your local gas generation partner

Menu

ラボにおけるシリンダーの使用方法

ラボでの作業は、時には危険な場合があります。特に、ガスボンベを使用する際には危険性が高まります。

ラボで使用する多くのガスは、重大な安全性リスクをもたらし、爆発の原因となる可能性もあります。過去数年間にも、事故の結果として火災や爆発がいくつか発生しています。多くの場合、ガスボンベに含まれる大量のガスが事故原因となっています。そのため、ラボでガスボンベを使用する場合の安全上のヒントをご紹介します。

1. ガスボンベは、熱源から離れた涼しく乾燥した場所に保管してください。可燃性のガスボンベは、酸素ボンベとは別に保管してください。

2. ガスボンベを移動する際やガスボンベのキャップを取り外す際は注意してください。

keep you fit

少なくともエクササイズの役には立つかもしれません


3. 使用しているガスボンベは、3年に一度は点検する必要があります。腐食性ガスのボンベは、2年ごとに点検し、条件を満たさないガスボンベは使用しないでください。

4. 水素ボンベは、ラボから離れた専用の場所に設置して、銅/ステンレス鋼の配管を用いてラボと接続する必要があります。細工などがされないように、しっかりと保護してください。水素の大量漏洩を防止するために、定期的に配管の漏れチェックを行う必要があります。

5. ベストプラクティスとして、ガスボンベが完全に空になるまでガスを使い切らないでください。通常は、最後の10%を残したままにします。これは、この部分には水分や炭化水素、およびその他の不純物が含まれている可能性があるためです。そうすると、装置の汚染が発生する場合があります。ガスボンベはその圧力によりボンベに空気が侵入するのを防いでいます。したがって、残留圧力が0.5MP(70psi)以下にならないように注意することをお勧めします。

Driving up costs

ガスボンベにより、常にコストが上昇します 


6. ガスボンベを使用する際は、圧力リリーフ弁付きの2段レギュレータを使用する必要があります。可燃性ガスには左ねじ付きレギュレータが必要です。圧力レギュレータとバルブはゆっくりと開閉することが重要です。まず、ガスボンベの圧力を確認してから、推奨圧力になるまで、アプリケーションへのガス供給を注意深く調整する必要があります。

7. 高圧ガスボンベを使用する場合は、負傷が発生するを回避するために、ガスボンベの接続部の前には立たないでください。接続後は、定期的に漏れをチェックして、圧力計の数値に注意を払う必要があります。

8. 酸素ボンベや水素ボンベなどには、特別なレギュレータを設置します。オイルと接触させることは厳禁です。こうしたガスボンベの周囲では、特定の衣類などを着用することができません。可燃性の素材は、火災や爆発の原因となる可能性があるためです。可燃性ガスや燃焼ガスのボンベは、火気から少なくとも10m離れた場所に保管してください。不可能な場合は、隔離して、十分な安全対策を講じてください。

ガスボンベによりもたらされる危険性はよく話題に上りますが、より安全な選択肢があることを忘れないでください。Peak Scientificのガス発生装置をお試しください。重いボンベを取り扱わなくて済み、爆発や火災の危険性がなくなるだけでなく、ガス発生装置から安定した純度と流量のガスを安全に供給することができます。

group shot

この記事が有用だと思われるお客様は、ぜひ以下の記事もお読みください。

ガスクロマトグラフィーを高速化する方法

水素 ガス 発生装置 の仕組み

電子タバコの液体とは?

Post a comment

Please enter the code as shown:

Comments

No Comments

To Top
Close