Your local gas generation partner

メニュー

Halo MP-AESのための窒素ガス発生装置

HaloはPeak Scientificの誇るMP-AES用の窒素ガス発生装置です。この革新的なガス発生装置について、知っておきたい情報をぜひ御覧ください。

Peak の窒素ガス発生装置「Genius 3055」を更に発展させたHaloは、MP-AESに必要な圧縮した空気と高純度の窒素両方を運ぶデュアルガスシステムを搭載しています。

Halo nitrogen generator

Halo MP-AESのための窒素ガス発生装置

99.5% の純度の窒素を25 L/分、または99.95%の純度の窒素を 10L/分を供給できるHaloは、プラズマ補助ガスを供給します。またモノクロメータパージ*のための窒素供給にも使うことができます。最大36.5 LPMのガス供給が可能なため、HaloはPOPガス、EGCM、モノクロメータエアーパージのための窒素供給方法としても大変適しています。

MP-AES用の窒素ガス発生装置の役割を果たすことを一番の目的に設計されたHaloは、酸素分析計を備えているため最高純度の窒素を供給できます。このコンパクトな持ち運び可能のガス発生装置は、ピークから絶対純度まで5%以内の変化(<0.5% O2)に収まる、抜群の安定した酸素純度も誇ります。

Haloガス発生装置は稼働中大変静かで、またCEとFCC の基準を満たしています。MP-AES用の窒素ガス発生装置をお探しなら、Peak Scientific のHaloガス発生装置は理想的な製品と言えます。

研究所によっては、MP-AESに窒素ガス発生装置ではなく未だに窒素ガスボンベを使っているところもあります。しかし、窒素ガス発生装置がガスボンベに勝っている点は数多くあるのです。ガスボンベは供給を持続させるため、また使っているうちにガス純度が低くなってくるので、頻繁に交換が必要となります。これにより、分析の際に汚染が生じる可能性が高くなります。ボンベ内のガス純度のばらつきは避けられません。またこの10%は汚染物質を最も多く含んでいる可能性が高いので、研究所ではボンベ内の最後の10%のガスは使わないようにと言われています。一方、ガス発生装置はガスを一貫した純度、量で供給することができるため、分析途中で供給が途切れることや、ボンベのように交換が必要となることがありません。

ガスボンベはまた、研究所内では危険なものでもあります。重くかさばるというだけでなく、ボンベを動かす人は皆、健康・安全に関する訓練を積まなければなりません。ボンベ内には大量の圧縮されたガスが詰まっています。もし窒素ガスボンベが漏れてしまい、それが密室環境であったら、すぐに人が窒息しかねません。それに比べ、ガス発生装置は需要に応じて窒素を生成できるため、最低量のガスしか保有していません。密室環境であっても、危険な量の窒素ガスが漏れ出すには日数がかかります。また、内部に漏れ検知器とアラームが搭載されているため、そうしたケースはごく稀と言えます。

ガスボンベに勝る安全性と利便性の他に、窒素ガス発生装置はよりコストパフォーマンスに優れているという面もあります。ガス供給方法としてボンベを使用する場合、ボンベのレンタル費用、ガス配達費用、注文、配達手配などの事務費用がかかることを考慮に入れる必要があります。契約を更新する時にこうした費用は事前の通知や交渉なく値上げされることも多く、研究所はそれに対しどうすることもできません。しかし、ガス発生装置なら、研究所の予算に合わせるのはずっと簡単です。最初の購入費用が発生した後は、ガス発生装置に定期的にかかる費用はメンテナンスプランだけです。この費用は通常、長年にわたり価格が変動しないことが多いです。

安全性、利便性、コストの面において、窒素ガス発生装置が研究所にとってベストなガス供給方法であることは明らかです。MP-AESを使用する研究所には、PeakのコンパクトなHalo窒素ガス発生装置は理想的なガス供給法です。稼働中は大変静かで、研究所内でとるスペースも最小限に抑えられます。

Halo 窒素ガス発生装置についてのさらなる詳細は     

* モノクロメータパージガスはさらにUHP窒素10LPMが必要なため、追加の窒素ガス発生装置が必要となります。

この記事が役に立ちましたか? こちらもぜひご覧ください:

Peakのフィールドサービスエンジニアがいつでもサポートします

研究所内のガスの安全性について

Peak のGenius 1024はMolecular Science Corporationのモバイルラボで重宝されています

Post a comment

Please enter the code as shown:

コメント

No Comments

To Top
Close