Your local gas generation partner

メニュー

ブログ

研究所内のガスの安全性について

研究所内のガスの安全性について

現代の研究所は、日々の研究に大量のガスを用いています。この記事では、研究所での最も一般的なガス供給方法のうち二つについて、その安全面のリスクと利点を詳しく紹介します。

窒素発生装置 日本

窒素発生装置 日本

日本の研究所の多くが窒素ガスをさまざまな目的に使用しています。ご自身の研究所が、液体クロマトグラフィー–質量分析法や蒸発型光散乱検出、サンプル蒸発などの分析に窒素ガスを必要としているなら、Peak Scientificの窒素ガス発生装置はぴったりです。

窒素ガス発生装置の使用法 −圧力変動吸着(PSA)

窒素ガス発生装置の使用法 −圧力変動吸着(PSA)

PSA式窒素ガス発生装置におけるガス分離のプロセスは、吸着剤と呼ばれる固形物で、さまざまな混合ガスの構成要素や分子を分離する機能を用いて行われます。

ゼロエア(zero air)および現場でのガス生成

ゼロエア(zero air)および現場でのガス生成

ゼロエア(zero air)とは、炭化水素濃度が0.1ppm未満となるように濾過された空気のことです。

ガスクロマトグラフィーの秘訣&ヒント

ガスクロマトグラフィーの秘訣&ヒント

ガスクロマトグラフィーは「科学」だけでなく、「技巧」として捉えられています。他すべての技巧と同様に、秘訣やヒントが驚くほど役に立ちます。

Results Per Page
To Top
Close