Your local gas generation partner

メニュー

一般的な大麻試験とそれに適し窒素ガス発生装置

大麻試験に推奨するPeak Scientificの気体発生装置についてご紹介します。

世界の多くの国では、嗜好または医療目的での大麻使用が合法です。そのため、科学業界においては大麻を安全に使用するための品質管理がますます重要になってきています。

安全に使用できるかどうかを示す大麻の「品質」を判断するためには、一種類の製品だけではなく、農薬から重金属まであらゆるものの試験をしなければならないのです。

効能試験

効能試験では、カンナビノイドが抽出され強さと効力が調べられます。大麻からは100以上のさまざまなカンナビノイドが抽出されますが、その効果はそれぞれ異なります。

クロマトグラフィー(気体と液体)は最も一般的な効能試験法です。大麻効能試験用の分析機器は以下のようなものがあります。

効能試験用の機器 Peak Scientific推奨の気体発生装置
Agilent Intuvo 9000 GC  Precision Series
Agilent 5977B GC/MSD  Precision Series
Agilent 1290 Infinity II LC  Solaris 10
Agilent 1290 Infinity II 2D-LC Solution  Solaris 10
Agilent 1260 Infinity II SFC System Solaris 10
Ellutia 200 Series GC Precision Hydrogen Trace for carrier gas 
Thermo Fisher Q Exactive Hybrid Quadrupole-Orbitrap LC-MS Mass Spectrometer Solaris XE 35, Genius XE 35, Genius 1022
Thermo Fisher TSQ Altis and TSQ Quantis Triple Quadrupole Mass Spectrometer LC-MS/MS Systems  Solaris XE 35Genius XE 35
Thermo Fisher TRACE 1310 Gas Chromatograph Precision Series 
Thermo Fisher ISQ 7000 Single Quadrupole GC-MS System Precision Hydrogen Trace for carrier gas 
Thermo Fisher Q Exactive GC Orbitrap GC-MS/MS Precision Nitrogen Trace and Precision Hydrogen Trace for carrier gas 
Thermo Fisher Exactive GC Orbitrap GC-MS Systems Precision Hydrogen Trace for carrier gas 
SCIEX QET 4500 LC-MS/MS System Genius 1024

効能試験にキャリアガスや検知ガスが必要な場合、Peak Scientific製 Precision seriesの気体発生装置が理想的です。ご自身が使用する機器と条件にどの気体発生装置が適しているかについては、上記の表にないものでも弊社にお問い合わせください。

Precision group shot

ガスクロマトグラフィー用の水素、窒素、ゼロエアーの気体発生装置


テルペン試験

テルペンは揮発性不飽和炭化水素で、大麻サンプルの臭いを生み出すものです。大麻は各種で異なるテルペン構造を持っています。

ガスクロマトグラフィーと液体クロマトグラフィーは、テルペン試験においても一般的です。この試験には以下のような機器が使われます。

テルペン試験用の機器 Peak Scientific推奨の気体発生装置
Shimadzu GCMS-TQ8050 Triple Quadrupole Gas Chromatograph Mass Spectrometer  Precision Series
Shimadzu GCMS-QP2010SE Single Quadrupole Mass Spectrometer Precision Hydrogen Trace
Agilent Intuvo 9000 GC Precision Series
Agilent 7890 Series GC Precision Series
Agilent 1260 Infinity II Diode Array Detector  Solaris XE 35
Ellutia 200 Series GC Precision Hydrogen Trace for carrier gas 
SCIEX Triple Quad™ or QTRAP® 6500+ system  Genius 1024, Infinity 1031

Peak Scientific のガスクロマトグラフィー用気体発生装置Precision seriesに加えて、窒素発生装置Solaris XE 35 もLC-MS機器を用いたテルペン試験に使用できます。LC-MS用の気体発生装置の全製品を調べたい場合はこちらをクリックしてください。

Solaris XE 35

窒素発生装置Solaris XE 35 


農薬のスクリーニング

大麻栽培の農薬規制は国や州によって異なります。農薬スクリーニングは健康や安全上の理由だけではなく、法律によっても定められていることが多いのです。

クロマトグラフィー(ガスまたは液体)は、農薬スクリーニングにおいても主要な分析方法です。これに使う機器は以下のようなものがあります。

農薬スクリーニング用の機器 Peak Scientific推奨の気体発生装置
Shimadzu LCMS-8050 triple quadruple mass spectrometer * Infinity 1051, Genius 1051*, Genius 3051 
SCIEX ExionLC™ AC HPLC System with the SCIEX QET 4500 LC-MS/MS System Genius 1024, Genius AB-3G, Infinity 1031 
Agilent 7000 Series Triple Quadrupole GC/MS  Precision Series
Agilent 6400 Series Triple Quadrupole LC/MS  Solaris XE 35, Genius XE 35
Agilent 6500 Series Accurate-Mass Quadrupole Q-TOF LC/MS  Solaris XE 35, Infinity XE 5010, Genius XE 35, Genius XE 70
Agilent GC/MS/MS Pesticides Analyzer Precision Series
Agilent Intuvo 9000 GC system Precision Series
Agilent 7890B GC system Precision Series
Agilent Ultivo triple quadrupole LC/MS Genius NM32LAGenius XE 35
Agilent 7010B Series triple quadrupole GC/MS system Precision Nitrogen Trace for Collision Gas, Precision Hydrogen Trace
Waters Xevo TQ-S Micro  Solaris XE 35, Genius SQ 24
Waters Xevo TQ-GC  Solaris XE 35Genius SQ 24

* Peak製品のGenius 1051 は8045、8050、8060すべてにおすすめです。8045/8050/8060 が「デフォルトガスデリバリーモード」で稼働している時に 十分なガス流量を提供します。「高流量ガスデリバリーモード」での稼働時は必要なガス流量が増えるため、Genius 1051の性能を超える場合があります。その場合はGenius 3051の使用を推奨します。

Peak Scientificでは、農薬スクリーニング用にお使いの機器に適したさまざまな気体発生装置を揃えています。弊社の気体発生装置は、さまざまな流量、圧力、純度のコンプレッサー付き/なしのタイプがあります。ご自身がお使いの機器に理想的な気体発生装置を探すには、弊社にお問い合わせください。

Genius XE 35

窒素発生装置Genius XE 35

大麻試験用気体発生装置について詳しくは    


残留溶媒

残留溶媒は、精製された大麻に残る副産物です。大麻中に残る残留溶媒の量を操作すること、またその残留量を許容量内に収めることは安全性の観点から大変重要となります。

残留溶媒試験用の分析機器は以下のようなものがあります。

残留溶媒試験用の機器 Peak Scientific推奨の気体発生装置
Shimadzu Nexis GC-2030 with HS-20 Headspace Sampler or GCMS-TQ8050 with headspace Precision Series - Precision Nitrogen Headspace 
Agilent 7890 Series GC  Precision Series
Agilent Flame Ionization Detector Precision Series
Ellutia 200 Series GC Precision Hydrogen Trace for carrier gas 
Thermo Fisher TRACE 1310 Gas Chromatograph Precision Series
Thermo Fisher TriPlus 300 Headspace Autosampler Precision Nitrogen 
Thermo Fisher Instant Connect Electron Flame Ionization Detector (FID) for TRACE 1300 GC Series Precision Series
SCIEX QTRAP 6500+ System Genius 1024Infinity 1031

ガスクロマトグラフィーを用いた残留溶媒分析には、弊社のPrecision seriesが適しています。お求めの特別な条件にも合う気体発生装置を探すには、弊社にお問い合わせください


重金属

大麻栽培に使用される栽培地によって、植物内にさまざまな汚染が発見される場合があり、その汚染物質は時に毒性のクロミウム、ヒ素、鉛などであったりします。安全のため、こうした物質はしっかりと調べる必要があります。
大麻中の重金属を調べるためには、以下のような機器が使用されます。

重金属試験用の機器 Peak Scientific推奨の気体発生装置
Agilent 7800/7900 ICP-MS  Precision Hydrogen Trace 250cc
Agilent  8900 Triple Quadrupole ICP-MS Precision Hydrogen Trace 250cc
Agilent 5110 ICP-OES  NG5000 or NG5000A
Thermo Fisher iCAP 7000 ICP-OES Genius 1053

重金属試験に水素ガスが必要な場合、Peak Scientificの Precision Hydrogen Trace 250が最適でしょう。条件に合う気体発生装置を探すには弊社にご連絡ください。

Precision hydrogen trace 250

Precision Hydrogen Trace 250 


マイコトキシン分析

大麻には水分が多く含まれるため、長期保存は菌の繁殖(かび)を引き起こします。マイコトキシンはかびの毒性二次代謝産物です。こうした毒物が許容量以上含まれていないことを確かめるのが大切です。

マイコトキシン分析用の機器は以下のようなものがあります。

マイコトキシン分析用の機器 Peak Scientific推奨の気体発生装置
Shimadzu LCMS-8050 Triple Quadrupole Mass Spectrometer* Infinity 1051, Genius 1051*, Genius 3051 *
SCIEX Triple Quad™ or QTRAP® 6500+ system Genius 1024, Infinity 1031 
Thermo Fisher TSQ Altis and TSQ Quantis Triple Quadrupole Mass Spectrometer LC-MS/MS Systems  Solaris XE 35Genius XE 35
Thermo Fisher Q Exactive Hybrid Quadrupole-Orbitrap LC-MS Mass Spectrometer Solaris XE 35Genius XE 35, Genius 1022
Waters Xevo TQ-GC Solaris XE 35Genius SQ 24 
Waters Xevo TQ-S Micro  Solaris XE 35Genius XE 35

* Peak製品のGenius 1051 は8045、8050、8060すべてにおすすめです。8045/8050/8060 が「デフォルトガスデリバリーモード」で稼働している時に 十分なガス流量を提供します。「高流量ガスデリバリーモード」での稼働時は必要なガス流量が増えるため、Genius 1051の性能を超える場合があります。その場合はGenius 3051の使用を推奨します。

Peak Scientificでは、マイコトキシン分析に適したさまざまな気体発生装置を揃えています。弊社が推奨する気体発生装置は、お使いの機器、条件、圧縮空気の必要の有無によって異なります。最適な気体発生装置を探すには、弊社にお問い合わせください。

この記事はお役に立ちましたか? こちらの記事もご覧ください:

特殊な要望にも応えるMulti-stage purification™(多段式精製)

施設におけるガスクロマトグラフィー-水素炎イオン化型検出(GC-FID)のた

Peakのフィールドサービスエンジニアがいつでもサポートします

Post a comment

Please enter the code as shown:

コメント

No Comments

To Top
Close