Your local gas generation partner

メニュー

窒素発生装置 日本

日本の研究所の多くが窒素ガスをさまざまな目的に使用しています。ご自身の研究所が、液体クロマトグラフィー–質量分析法や蒸発型光散乱検出、サンプル蒸発などの分析に窒素ガスを必要としているなら、Peak Scientificの窒素ガス発生装置はぴったりです。

日本の研究所ですでに窒素ガスをお使いの場合、ガスボンベによる供給を行なっているのではないでしょうか。ガスボンベは研究所にガスを供給する従来の方法ですが、さまざまな理由から、最善の選択肢と言えなくなっています。

ガスボンベは研究所とそのスタッフにリスク要因をもたらします。重く持ち運びにくいため、ボンベを扱ったり動かしたりする人は、健康で安全面の訓練を受けていけなければなりません。ガスボンベのその他の危険性として、圧縮されたガスを大量に保持しているということが挙げられます。通常窒素ガスボンベには9000リットルものガスが入っており、もし損傷して漏れてしまった場合、研究所全体にすぐに広がり空間に影響を及ぼし、窒息を起こす恐れがあります。一方、窒素ガス発生装置は、使用する機器に必要最小限の量の窒素しか生み出さないため、漏れたら危険な量を保持することはありません。

不便さもガスボンベの問題点の一つです。研究所のスタッフはボンベが切れた時に交換したり監視したりするのに貴重な時間を使わなくてはいけませんし、さらに発注、配送の対応、ボンベの配置などに時間をかけなければなりません。窒素発生装置ではこうした不便さはありません。研究所に一度設置したら、ボタン一つで窒素ガスを必要な時にいつでも生成してくれるので、ご自身は分析に集中することができます。

Peak Scientific Nitrogen Generator

Solaris XE 

ガスボンベはまた、ガスの純度の観点でも問題点があります。ボンベによって、または同じボンベでも最初と最後で純度が違うことがあるのです。ボンベを使用する際、中にあるガスが汚染される可能性が高いため、窒素ガスボンベの最後の10%は使わないことが推奨されています。この最後の10%のガスに、分析結果にネガティヴな影響を与える恐れのある汚染物質や不純物が最も含まれているのです。しかし、窒素発生装置では純度の問題は一切起きません。窒素発生装置は常に安定して一貫した純度のガスを生み出すので、不純物による結果への影響を心配する必要は無くなります。

窒素ガス発生装置はまた、窒素ガスボンベよりも予算に優しいという特徴があります。ガスボンベは定期的に配達費用やボンベのレンタル費用がかかり、ガスの価格も上昇しています。これらのことにより、先のコストを研究所の予算に反映することが難しくなっています。将来のコストを見通すことは、窒素発生装置では問題になりません。一度窒素発生装置を購入したら、その他、研究所の予算に組むべき費用は、毎年のサービスだけです。幸いにも、ほとんどの窒素発生装置の年間のサービス費用は長年にわたって固定しているので、研究所の予算に簡単に組み込めるでしょう。

窒素発生装置 日本

Peak Scientificの窒素発生装置の全種類を日本で購入できます。もしご自身の研究所が液体クロマトグラフィー–質量分析法や蒸発型光散乱検出、サンプル蒸発、その他窒素を必要とする研究でガスを使う場合、Peakはぴったりの窒素供給方法をご提供いたします。

当社の窒素発生装置について詳しくはこちから     

ご自身の日本の研究所がまだ窒素ガス供給にガスボンベを使用していたら、今こそ窒素発生装置に切り替える時です。研究所により高い安全性と利便性をもたらし、また分析では安定して一貫した純度のガスを得ることができます。

この記事が有用だと思われるお客様は、ぜひ以下の記事もお読みください。

窒素ガス発生装置の使用法 −圧力変動吸着(PSA)

Peak Scientificが特別である理由

ラボにおけるシリンダーの使用方法

Post a comment

Please enter the code as shown:

コメント

No Comments

To Top
Close