Your local gas generation partner

メニュー

ガスクロマトグラフィーの秘訣&ヒント

ガスクロマトグラフィーは「科学」だけでなく、「技巧」として捉えられています。他すべての技巧と同様に、秘訣やヒントが驚くほど役に立ちます。

Learn image

キャピラリーGCはクリーンGC

キャピラリーGCで問題が発生する最大の原因は汚染であるため、清潔度が高いことがキャピラリーGCの重要な要件となります。汚染を避けるために、以下のようないくつかの簡単なステップに従ってください。

注入口をチェックする

注入口は汚染が発生する最も一般的な場所であるため、定期的にチェックすることが重要です。セプタムの下、ガラスライナー、および注入口の底部もチェックして、徹底的に点検してください。

検出器を清潔に保つ

ノイズやノイズスパイクの増加、または感度の低下が見られる場合は、検出器を清掃する必要があるということです。この場合は、装置の取扱説明書を参照してください。

高純度ガスを使用する

キャピラリーGCキャリアガス(通常は水素、窒素、またはヘリウム)は高純度である必要がありますこのような水素 発生窒素発生装置。キャリアガスには酸素と水が混入していないことが重要です。酸素と水が含まれていると、検出器の汚染や固定相の劣化が発生する可能性があります。

水素キャリアガス発生装置の詳細をご覧ください   

一に練習、二に練習、三・四がなくて五に練習!

回数を重ねるほど、GCに慣れてくるため、徐々に些細な問題を診断して容易に修正できるようになります。

継続的にGCを学ぶ姿勢で取り組む

1日あればGCの基本を学ぶことができますが、これをマスターするには一生かかるかもしれません。つまり、常に新しい事柄を学び、テクニックを向上させる機会があるということです。

よく知っている人に尋ねる

多くの場合、トラブルシューティングや最適化、そしてメソッド開発においては、まずクロマトグラフィーの経験が豊富な人と話すことが最善策となります。したがって、問題が発生したときに、優れたクロマトグラフィー経験者がいる場合はアドバイスを求めてください。

本を読むことを止めない

基礎知識をリフレッシュすることは悪いことではありません。McNairおよびMiller著の「Basic Gas Chromatography」第2版のような本を役立ててください。

アプリケーションと理論をもっと詳しく学習したい場合は、手始めにC. F. Poole著の「Gas Chromatography」第1版やR. L. GrobおよびE. F. Barry著の「Modern Practice of Gas Chromatography」を読むと役に立つでしょう。

自己啓発

トレーニングを継続的に行うことで、GCの開発状況に関する情報を常に最新に保つことができます。

オンライントレーニング

オンライントレーニングにはいくつかのオプションがあります。
たとえば、CHROMacademyがデモやウェブセミナー、ビデオ、記事などを提供しています。装置ベンダーのウェブサイトにも、オンライントレーニング教材が豊富に掲載されています。

コースを受講する


多くの場合、新しい装置を購入すると、ベンダーがトレーニングコースを提供してくれます。ベンダーほどその装置を理解している者はいないわけですから、これは願ってもない機会です。装置の取扱説明書には載っていない秘訣やヒントを学べるかもしれません。また、トレーニングコースは、他のGC専門家たちと交流できる絶好の場所でもあります。


サービスエンジニアやテクニカルサポートから学ぶ

サービスエンジニアが装置の整備に来たときは、すべてをエンジニアに任せるのではなく、その作業を見て、学び、質問してください!多くの場合、サービスエンジニアは、装置の取扱説明書には載っていないテクニックを知っているため、未知の事柄を学ぶ優れた知識源となります。

上記は、GCに関する知識を強化するためのいくつかの秘訣とヒントです。Peak Scientificのナレッジベースで、さまざまなGCアプリケーションの詳細を学ぶこともできます。

 出典

LCGC

この記事が有用だと思われるお客様は、ぜひ以下の記事もお読みください。

カラムとは?

ガスクロマトグラフィーを高速化する方法

ラボにおけるシリンダーの使用方法

Post a comment

Please enter the code as shown:

コメント

No Comments

To Top
Close